自己処理をするデメリット

脱毛が難しい部位が存在する

全身脱毛をしたいけど脱毛サロンに行くのは面倒だしお金がかかるので、自宅で自己処理をしているという人は実際にいます。自己処理をするメリットはいつでもできること、そしてお金がかからないことですが、相応のデメリットが存在します。基本的に手の届かない部位は処理できませんし、無理に処理しようとしても危険です。無理な体勢からシェービングをすると、肌を傷つける可能性があります。脱毛ワックスや脱毛機で処理するにしても、背中やお尻などは処理が困難でしょう。家族に頼めば手伝ってくれるかもしれませんが、お尻の処理を依頼するのは躊躇するはずです。また安全性を考えても、自己処理による全身脱毛は得策ではありません。肌は年齢に比例して弱くなるため、特に中年期以降の自己処理は避けてください。

ムダ毛を薄くできないのが最大のデメリット

自己処理による全身脱毛は、ムダ毛を薄くできないデメリットがあります。何度処理しても再び生えてくるので、忙しいときは非常に面倒です。何年続けてもムダ毛の状態は変わりませんし、むしろ埋没毛や毛嚢炎のリスクが高くなります。肌への安全性を考慮するなら、自己処理は若いうちに卒業しておく必要があります。自己処理を続けるほど肌は乾燥し、痛みやかゆみを招くようになるのです。これは自己処理によって肌の抵抗力が弱くなり、外的刺激に負けてしまうからです。全身脱毛の中でも特に注意したいのは顔とデリケートゾーンで、これらの部位は肌荒れの発生率が高くなっています。肌荒れのリスクがあるにもかかわらず、永久的な処理が必要になるのが自己処理最大のデメリットです。

© Copyright Hair Removal Purchasing. All Rights Reserved.